スマートフォンカーナビやなどには当たり前に搭載されているGPS機能ですが、近年は子供居場所確認に機能を絞り込んだ「子供用GPS」として利用される機会が増えてきています。小学生低学年のうちはキッズケータイやスマートフォンを持たせるのは不安という声も多く、学校に問題なく持っていくことが出来るデザインが特徴であり、ランドセルやバッグに入れても場所をとらないコンパクトなサイズも子供用GPSの特徴の1つです。搭載されている機能は端末サービスによって異なりますが、親が持つスマートフォンにDLしたアプリから居場所を確認出来る機能に特化しており、子供の位置をGPS衛星を使用して測定する更新頻度も、1分間隔に設定できる製品もありほぼリアルタイムの情報を確認できることが強みです。キッズケータイにも同様の機能が搭載されていますが、基本5分間隔の更新となるので子供用GPSの方が正確性が高いといわれています。

そして形もキーホルダー型やネックレス型、靴への埋込み型など様々な種類があり、小さい子が持っても失くさずに携帯できるかという点も考えられており、ランドセルに装着出来たり肌身放さず身につけられるもの、そして靴自体に装着するものまで紛失対策に配慮されているのも、小さな子向けならではといわれています。サービスを選ぶ場合のポイントとしては位置把握の正確性と多様さに優れているか、更新頻度の細かさや保護者への通気機能が自動通知か手動通知か、移動履歴の記録機能と期間などがあります。子供服のアウターのことならこちら